Rabbit Hole 0044

書きたいことを書きたいときに

ばらかもん(15)の感想

すごく久しぶりに二日連続で漫画を買ったので、二日連続で感想を書こう!

 

ばらかもん』は自分のお気に入りの漫画の一つなんだけど、15巻はちょっと物足りなさを感じたかも… その理由は大きく分けてたぶん2つあると思う、たぶん。

 

1つめの理由としては、主人公の半田先生(君?)の努力があんまり描かれなかったこと。
一大決心で独立してせっかく書道教室始めることになったのに、あまりにも川藤さんをはじめとした周りの人に頼りっきりで本人の努力は?って思っちゃった。
川藤さんにすごく良い台詞を言ってたけど、行動がまだ伴ってないんじゃないかな…とか感じた。
でも、ヘタレですぐまわりを当てにして、それでも周りから愛されるのが半田先生の魅力って気もするし、なにより、自分みたいな周りを頼れない&弱みをあまり人に見せられない人間からすると、そうやって周りを頼りまくれるのも1つの能力だし、自分には努力してもできないだろうなーとも思った。

 

2つめの理由としては、なるのキャラクター。
作中のなるを見てると、子どもらしさが薄くなる時がある気がする。本当の子どもじゃなくて、大人の思う「子どもってこんなでしょ、無邪気で純粋でー」的なのを感じるというか。
自分のなかで『よつばと』のよつばとなるの違いはそこかなって感じる。
ただ、自分の身近にはなると同い年くらいの子供がいるわけじゃないから自分のイメージする「現実の子ども」のほうが歪んでる可能性もあるし、なにより別に漫画なんだから、「大人の思う子ども」が描かれててもいいじゃん!とも思うから難しい所だなー!って感じ。

 

そんなかんじかな!
なんかネガティブなことばっかり書いちゃったけど、全体としてはストーリーもいい方向に進んでるし、16巻も楽しみに待ってよう!
タマも相変わらず可愛かったしね!!あとリンダとよっちゃんも可愛いかった!!
もっとあの四人組の話が観たい!!