読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rabbit Hole 0044

書きたいことを書きたいときに

AIが棋士に勝つようになることの意味

よく「たとえAIが将棋で棋士に勝つようになっても、棋士の価値は変わらない」っていう意見を耳にするけど、自分の考えは少し違う。

AIが将棋で100%人間の棋士に勝つようになったなら、棋士の価値は限りなく低くなると思う。

 

そもそもこのエントリーを書こうと思ったのは、さっき「自動車が人間より早く移動するようになっても陸上競技の選手の価値は変わらないように、AIが上を行こうが棋士の価値は変わらない」って意見を耳にしたからなんだけど、自分が思うに、この2つには決定的な違いがあると思う。

そして、その違いこそが、棋士の価値がAIの強さに左右されることの説明になってると思う。

 

その違いってのは、「究極的に、何が目的なのか」ってこと。

 

陸上競技の究極の目的は、「人間はどこまで速く走れるようになるのか?」の追求だと思う。

そしてここが重要なんだけど、その答えは人間の中にしかない。

自動車がどんなに速く走れるようになろうと、それはこの疑問の答えとは何の関係もない。

だから自動車が進歩しても陸上選手の価値は損なわれなかったし、これからも損なわれない。

 

一方で、将棋の究極の目的は、「最善の一手は?」の追求だと思う。

将棋っていう競技は、つまりは一手毎にこの追求を繰り返すことだと思う。

ここで重要なのは、その疑問の答えは、いわば「論理」の中にあって、人間の中にあるものじゃない、って点。

陸上競技とは違って、その答えにたどり着くのが機械でも人間でも、手に入れた「最善の一手」の価値は変わらない。

 

だから、いつかAIが将棋という競技を完全に解読し、(オセロみたいに)常に100%の最善手を指せるようになる日が来れば、棋士の価値は0になるし、もしかすると将棋という競技の意義すらなくなってしまうかもしれないと思う。

そして現状を見るに、今後棋士が力をつけてAIを再び負かせるようになる日が来るとは考えにくい。

そのことを踏まえると、棋士という職業の価値は今後失われる一方なんじゃないかと思ってしまう。

 

 

…と、ここまで勢いで思ったことを書いてみたけど、書いてる途中で「いや…そうでもないか…?」とも思ったので、それも書いておこう!めんどくさいから箇条書きで!

  • 自分の中で「最善の一手」の定義は、単純に「最も勝ちにつながりやすい一手」だったんだけど、もしかすると人によっては「対戦者同士の因縁やこれまでの戦績や得意戦法、もろもろの前提を踏まえた上で、最も熱くなれる一手」だったりするんじゃないかな?将棋を野球やサッカーと同じようにスポーツと考えれば、そういう考え方もできるよなー
  • 今もオセロを楽しんでいる人はいっぱいいるんだから、将棋の価値がなくなることもないんじゃないの?
  • たとえ競技人口が0になったとしても、将棋のこれまでの歴史やドラマ、名局なんかを踏まえると、最終的に機械が全ての答えを見つけたからって、将棋や棋士の価値が0になるってのも短絡的過ぎだよね…

 

以上ー。「思う」って書き過ぎだなこのエントリー…

2016年9月の空き時間でやったこと

プログラミング

英語

  • 英単語 1日7個×30
  • くもんの中学英文法 セクション9

 

ああ…月初にしようと決めていたこの更新すら16日までさぼってしまった…

…まあいいか!今日基本情報の試験受けてきて、自己採点してみたら午前・午後とも大丈夫そうだったし!ちょっとずつ進歩はしてるってことで!

さあ、今月ももう残二週間だけど、肩の力抜いて頑張っていこうー

時間があればなんかエントリーも書こうー

2016年8月の空き時間でやったこと

プログラミング

英語

  • 英単語50個くらい…?

 

ああ…やっちゃった…先月は特に何もできなかった…

いや、プライベートに割く時間がなかったって言い訳はできるんだけど、それでもなー…

ブログの更新も、一回もできなかったしー…

まあ落ち込んでてもしょうがない、今月は頑張ろう、今月はかなり時間取れそうだから!

2016年7月の空き時間でやったこと

プログラミング

  • かんたん合格 基本情報技術者 教科書(H28)(一周目)終了
  • 英単語を覚えるための簡単なアプリケーション完成

英語

  • 速読英単語(一周目) 31 ~ 68(終了)
  • English Grammer in Use 18 ~ 24
  • くもんの中学英文法 1-6 ~ 5-10

 

今月はあんまりできなかったなー

でも先月の目標は2/3達成できたから、まあ良しとするかー

英語については、文法と単語の勉強しかやらないでいると、なかなか成長を実感しづらいなー…やっぱり何らかの形でアウトプットをしないと!
ここで英語の日記とか始めてみようかなー

スピーキングについては…どうしようかな…

来月の目標としては、

  • English Grammar in Use 40まで
  • 基本情報の過去問を二年分解く
  • 速読英単語(二周目) 40まで
  • 習作置き場に3つ追加

くらいにしようかなー
あ、あと、このブログに3回くらいはポストしたいなー
とりあえず、一歩一歩進んでいこー

2016年6月の空き時間でやったこと

プログラミング

  • かんたん合格 基本情報技術者 教科書(H28版)(一周目)第二章まで
  • ドットインストール「java入門」「JavaScriptで作る誕生日診断」「git入門」
  • 習作置き場にNo.9(ひどい出来のやつ)を追加

英語

  • 速読英単語(一周目) 1 ~ 30
  • English Grammar in Use 1 ~ 17
  • くもんの中学英文法 1-1 ~ 1-5

 

なんか月毎にやった事とかまとめてたらモチベーションにつながるかと思って書いてみたけど…
これ…次があるのかどうか怪しい気がする…

しかし改めて見ると、やってる事が基礎の基礎の基礎ばっかりだな!
まー焦ってもしょうがないし、マイペースでいこう

とりあえず、今月はくもんの基礎のやつと、速読英単語と、基本情報のやつを終わらせるのをとりあえずの目標にしようっと

コトノバドライブ(1)の感想

コトノバドライブ

コトノバドライブとは編集

 いろんな意味で良かった…面白かったし、ほっとした…

 

芦奈野先生の魅力である「暖かくて穏やかな世界観」みたいなものがいかんなく発揮されてて、読み終わると心地いい浮遊感が残るような漫画だった。

あと!これがすごく大事なとこなんだけど、物語のベースになるキャラクターや世界は共通してるものの、基本的に一話完結のオムニバス形式なのがとてもよかった。

っていうのも、芦奈野先生の前作、『カブのイサキ』の最終回を読んだ時、正直ちょっとがっかりした経験があったから。
最終回を読み終えて持った感想といえば

  • いや(私の思う)あなたの漫画の魅力はストーリーじゃないんですよ!優しい雰囲気とか、あったかい世界観とか、なんですよ!
  • 誰も(私だけだけど)あなたの漫画の最終回に変などんでん返しなんか望んでないよ!
  • 「この穏やかな時間の中で、彼らの生活はこれからも続いていく・・・」的な最終回でよかったよ!『ヨコハマ買い出し紀行』ではそうだったじゃないですか!なのになんで今回はそんな取って付けた様な「隠された真実」的なやつ最後に持ってくるの!?

って感じだったなー・・・

 

でもその点、今回の『コトノバドライブ』は大丈夫!一話完結のオムニバス形式だからいつ終わっても大丈夫だし、全話通してのストリーもあってないようなものだから、きっと変などんでん返しも起こらず、最後まで芦奈野先生の世界観に浸れる・・はず!

明日さっそく二巻買おう!

あ、芦奈野先生の前々作、『ヨコハマ買い出し紀行』は文句なしの名作なので、是非ご覧ください!

もうマンガと映画のことをひたすら書くブログにしようかな

javascriptでは多次元配列は使えない。けど多次元配列っぽい奴は使える」ということを知るまでに二時間もかかった…
プログラミング独学でやってると、躓いたときに身近に聞ける人がいないってのが辛いなー

プログラミングつながりで言えば、プログラミングに関するエントリーはQiitaの方に書いて、このブログにはもうマンガと映画と、あと日記とかだけ書くのがいいんじゃないかって思ってるんだけど、どうだろう。
そもそもまだプログラミング関係のエントリー1つも書いてないしね!このブログ。

よし!こっちでは好きなマンガの事とか日記とか書いていくことにしようっと!